50代 エイジングケア

50代アラフィフのエイジングケア化粧品

■透輝の滴

 

 

細胞レベルでハリ・弾力をサポートする50代アラフィフのエイジング化粧品。
海洋深層水を基材とし、深い部分に働きかける8種のGFは、医学会も認める高実感力。
加齢で乱れたターンオーバーを整え、肌の生まれ変わりを促進します。

 

■ビーグレン

 

 

50代アラフィフの年齢サインにピンポイントで働きかけるエイジング化粧品。
ハリのもととなる2種のビタミンAを独自浸透テクノロジーで深部に届けて、長時間の効果を持続。
硬くごわごわの年齢肌を、柔らかくふっくら仕上げます。

 

■Gracieux+

 

 

新陳代謝機能の衰えと乾燥を同時に改善する50代アラフィフの目元エイジングアイクリーム。
高保湿3種のヒアルロン酸とコラーゲン、シワの救世主ナノ化セラミドのWパワーで−5歳を実現。
抗シワ製品認証の実力派で、見た目年齢を若くします。

 

■アヤナス

 

 

50代アラフィフのごわごわ枯れ肌を整える敏感肌専門のエイジングケア化粧品。
ほうれい線や小じわ等、11歳も老けて見える印象をセラミドやヒアルロン酸などの贅沢美肌成分と
ポーラ独自の特許技術が、年齢に負けない若い肌へ導きます。

 

■アイキララ

 

 

老いを隠せない50代アラフィフの目元にアプローチするエイジングケアアイクリーム。
化粧でもごまかせない目元のクマ、皮膚痩せの原因に内側から働きかけるMGAはハリ弾力を覚醒。
使い始めて2週間でどんよりした印象を劇的に変えます。

 

50代アラフィフの肌が求める成分はこれ!

 

【50代アラフィフの肌って?】

 

卵巣の機能低下、停止による女性ホルモンの分泌がほぼなくなる50代アラフィフの肌は、急激に老化が進みます。
その進行は、40代よりも激しく、いきなり11歳もふけて見られるショッキングなケースも。

 

女性ホルモンは、美肌ホルモンとも呼ばれるなど美しく活力のある肌を維持するのになくてはならない成分です。
しかし、その成分がもはや分泌されないとなると、外からしっかり補わなければ、老いに抗うことは出来ません。

 

そこでこれまでのようなスキンケアでは、当然ながら不十分。
全ての機能が低下し、ごわごわと硬い50代の肌にも有効成分が浸透し、効果が持続するエイジングケアに特化した化粧品を選ぶようにしましょう。

 

【50代アラフィフに必要なエイジングケア成分】

 

美肌ホルモン(女性ホルモン)に変わる美肌作用に優れた成分は、以下の通りです。

 

■セラミド
保湿の王様で乾燥が著しい肌に潤いを与えて、バリア機能の向上が期待できます。
しかし、セラミドは油溶性なので、美容液、クリームなどで使うのがベスト。

 

→注目のコスメ「Gracieux+」
目元の小じわ等をピンポイントでケアできるアイクリーム。
セラミドと相性の良いヒアルロン酸の高保湿成分で肌を保湿して水分蒸発をブロック。

 

■ビタミンC誘導体
乾燥が深刻な50代アラフィフには浸透と持続に優れた油溶性が最適。
作用がゆっくりなので、肌がピリピリする乾燥、敏感肌にも安心。

 

→注目のコスメ「アイキララ」
栄養が損なわれた目元のクマ、皮膚やせの原因をダイレクトに改善するMGAというビタミンC誘導体配合。
コラーゲンの働きを活性化し、見た目年齢をグッと若くします。

 

■GF(グロスファクター)
細胞再生因子とも呼ばれ、肌の再生能力を引き上げる作用がある成分。
最も高い分泌量を誇る10代の80%に比べ、50代では、およそ30%にまで激減。
若さを保つ上でなくてはならない成分なので、外からしっかり補いたいところ。

 

→注目のコスメ「透輝の滴」
海洋深層水ベースの美容液で、贅沢にも8種のGFを配合。
あらゆる角度から肌の再生能力を高め、生まれたての肌へと導きます。

 

■レチノール
コラーゲンを量産し、キメを整える成分で、シワ、たるみに高い効果を発揮。

 

→注目のコスメ「ビーグレン」
即効性の高いレチノールプラスとビタミンEをプラスしたハイブリッドレチノールの2種を配合。
安定的に肌の奥に届き長時間持続するのであらゆるシワ、たるみを改善。

 

どうでしたか?
何歳になっても、美肌を維持できている人は、自分の肌に何が必要で、どんなエイジングケア化粧品を使うべきなのか、よく理解しています。

 

スキンケアをサボっている方、間違ったエイジングケアを行っている方も、もう遅いと諦めず、上記のことを参考にしながら、いまからでも美肌を取り戻す正しい努力を行ってください。